Episode 02

やりがいをカタル

家の魅力も
担当者の温度も
伝わるように。

高見 勇至

カタレルハウスを販売するリブレワークス株式会社 本部長/ブランド全体のマネジメントに加え、自らも営業として現場に立ち、より良い商品企画へ繋げている。

お客様が自ら情報を得られる時代。だからこそ、温度感のある企業、担当者でありたい。

「新卒から長く不動産業界に携わり、営業マンとして、マネージャーとしてこれまでにたくさんのお客様の不動産取引をサポートしてきました。スマホの普及に合わせて、お客様が自ら情報を取得し検討を進められる様になったことで、営業担当が必要とされる場面や期待される役割も大きく変わり、不動産会社、担当者には情報提供以上のサービスが求められていると感じています。リブレグループに参画してからは、カタレルハウス然りデベロッパーとタッグを組み、お客様のニーズを肌で感じ商品を企画、提案が出来る。本当の意味で必要とされるサービスの一つの形を実現できていると感じています」

未完成でも暮らしのイメージが湧く。だから建物完成前に成約になるカタレルハウス 。

「実物を見てから購入したい 」というお客様が多いのは、始まる暮らしの楽しみを不安が上回っているから。もっと前向きに「 建売 」を選べる様に変えていきたい。そんな想いも込めて全体の企画を進めています。商品ブランディングを通した語れる建売の価値感の発信は、私達からお客様へ、提案する暮らしに対する約束です。WEB上で得られる情報量を増やし検討しやすい環境を提供することに加え、担当者が商品のご説明だけでは無く入居後の暮らしに寄り添った提案を行っている事が、未来への安心感に繋がり、完成前でもご成約頂けていると感じます。今後も企業として、担当者として温度感を大切に価値を届けていきたいと思います 」

OTHER EPISODE

CONTACT お問い合わせ

CONTACT お問い合わせ